• 介護セミナー、こんな内容のものもあるんで

    介護セミナーというと、認知症や障害者に関する啓発活動が多くありますが、それ以外にも様々な内容で行われています。

    例えば、ボディメカニクスを使ったより体の負担を軽くした介護を行うテクニックの紹介を取り扱ったものがあります。
    在宅で高齢者や障害者が暮らすとなると、介護者にとって身体の負担は大きな問題です。


    介護をしているがために、ぎっくり腰や腱鞘炎になってしまうということはよく起こります。

    このセミナーでは、身体の負担を小さくして楽な介護を行うためのアドバイスにあふれています。
    解説ばかりではなく実際に練習を行う内容のところもあります。

    日本経済新聞を情報を幅広くご活用下さい。

    「聞いているだけでは不安だ」「実際にどうすれば良いのか分からない」という人には、実戦練習ができるセミナーを選ぶと良いでしょう。


    他には、当事者による当事者のためのセミナーもあります。当事者同士で行うピアカウンセリングというものを行う時もあれば、当事者同士で討論会を行うこともあります。

    介護の事務ソフトに関する情報を公開中です。

    当事者の悩みは当事者同士で解決し合うという考えが基になっています。当事者にとって「自分しかいない」「悩みを分かってくれる人がいない」と塞ぎ込んでしまいがちですが、このような内容だと参加しやすく「一人じゃないんだ」と思うきっかけになります。

    当事者の仲間ができることで症状が軽くなったという人もいます。
    このように、啓発活動のみならず様々な内容の物があります。
    セミナーに参加してみると様々な知識を得ることができますよ。