• 介護ソフトを導入するメリット

    介護事業所の事務職員には訪問ヘルパーのスケジュール管理やケアマネージャーへの報告、算定処理、請求書作成など入所者の情報管理以外にもしなければならない事務処理が数多くあります。



    このような事務処理を手書きやExcelなどで対応しているところも多いのですが、この場合、避けられないのがミスです。

    YOMIURI ONLINEに関する有益な情報をご紹介いたします。

    スケジュール管理ミスや保険の認定切れ、介護区分の違い、利用実績回数の間違いなど、起こりえるミスは数多くありますが、特にもともとが複雑で手間のかかる請求事務でミスが起こると返戻で余計な仕事が増えてしまいます。


    このようなミスを防ぐために導入したいのが介護ソフトです。介護ソフトを導入することで得られるメリットは、なんといっても職員の業務の効率化や時間の節約です。
    ソフトには様々なタイプがありますが、利用者情報や予定、実績の登録、ケアマネージャーへの報告、算定処理などの項目を連動させていれば、日々の業務でこれらの項目を記録していくだけで毎月の請求書作成が自動的に行われるなど、大幅に手間もかかる時間も減らすことができるというメリットがあるのです。事務処理が楽になりますので、人件費を削減することができるというのも運営する側にとってはメリットといえるでしょう。

    こだわりの高い介護の請求ソフトをわかりやすく説明しています。

    また訪問履歴から過去の対応状況などもすぐにチェックできるため、現場スタッフとの連携がとりやすくなり、介護ケアの質を向上させることができるというメリットもあるのです。