• 介護セミナーに参加する意義

    高齢化社会が進む日本において、日常生活に支援が必要な高齢者支援を行う介護従事者の人材の確保と質の向上を目指していくことは必要不可欠なことであると言えます。しかしながら、新聞などで注目されるニュースとしては職員の離職率の高さや慢性的な人員不足によるサービスの維持がこんなんである。



    あるいは、職員による高齢者の虐待などが挙げられがちです。
    肉体的にも精神的にも大変な仕事であるにもかかわらず、現代社会において職員の給料は決して高いとはいえず、法令で制定されている人員配置基準は、質の高いサービスを目指すには十分とは言えません。


    ニュースなどに取り上げられる虐待などの問題はほんの一部の問題ある従事者による特別なことなのです。



    大変な労働条件の中でも、大きな志を持って働いている職員は少なくないのです。

    それらの職員がより質を向上できる様な環境作りが重要なのです。近年は様々な種類の介護セミナーが開催されています。これらのセミナーに参加する事は、介護従事者にとって非常に有意義なのです。

    介護保険制度で制定された法令に基づき事業運営はなされていますが、高齢者への毎日の日常生活支援が役割となる事業である為、日々の運営方法などは各事業所が独自の方法で運営されがちです。ある種の閉鎖的な環境になってしまう恐れもあります。


    数多く開催されている介護セミナーに参加する事によって、自分が従事している事業所以外の職員と直に触れ合うことが出来ます。

    産経ニュース情報がさらにわかりやすくなりました。

    一つのテーマに則り、自らが考え発表し論議する事は視野を広げる大きな効果があります。


    自分が働いている環境に対して新しい視点を持って向き合うことが出来るのです。


    セミナーに参加した後は、そん情報を自分は働いている事業所の他の職員に還元し学んだことを取り入れていく意識が重要になります。

    セミナーに参加する事は、サービスの質の向上のきっかけにできるのです。